戸隠神社宿坊 いろりのそば処 築山館 VISA、MASTER などカードが使えます。

知る

戸隠講

◆ 太々神楽

戸隠神社の太々御神楽(だいだいみかぐら)は、古事記の岩戸段の神話に由来する岩戸神楽です。 岩戸に隠れてしまった天照大御神に再びお出ましいただくために岩戸の前で天鈿女命(火之御子社祭神)が舞い踊ったのが 「神楽」の始まりといわれております。 戸隠神社に伝わる太々神楽は諸悪や災いを打ち払う舞、水を司る神に扮して五穀豊穣を祈る舞、愛らしい巫子の舞、 そして天の岩戸開きにちなんだ舞など、全部で10種類(座)の舞があります。
太々神楽は戸隠講の皆さんが参拝される月並祭や、例祭・祈年祭・新嘗祭を始めとする諸祭の折、また、講員・崇敬者のご希望による献奏神楽にて献奏されます。     御初穂料は次の通りとなります。    
  • 大神楽 …… 80,000円 (10座)
  • 中神楽 …… 60,000円 (およそ8座程度)
  • 小神楽 …… 40,000円 (およそ5座程度)

お申し込み詳細は、戸隠神社社務所(026-254-2001)もしくは宝光社宿坊組合 各宿坊へどうぞ。

   
【戸隠神社月並祭定例日】
中社 4月25日
5月1日、6日、8日、10日
6月1日
7月1日
8月1日
9月1日
10月1日
宝光社 4月28日
5月3日、5日、12日、16日、20日
6月15日
7月15日
8月16日
9月15日
10月15日
   
1,降神(こうじん)の舞 1名

降神(こうじん)の舞御神楽は先ず修祓、御祝詞の奏上の御神事に次いで降神の舞から始まります。 御神入(ごじんにゅう)の舞とも呼ばれ、天照大神が岩窟の中に入れられて、天の石屋戸(あめのいわやど)を閉めてしまわれたので、 世の中は昼がなくなってしまい、夜ばかりになってしまいました。  そのため八百万(やおよろず)の神様たちが不安のあまりに、天の安河(あめのやすのかわら)に出てきました。その神様方を天の岩屋戸の前の高天の原(たかまのはら)に呼び集める舞。

   
2,水継(みずつぎ)の舞 2名

水継(みずつぎ)の舞以下天の岩屋戸の前では、神様方がいろいろな舞を繰り広げ、高天の原(たかまのはら)は神様方の笑い声で大騒ぎになります。 水継の舞は大麻を持った水久万里(みくまり)神と柄杓を持った水波乃売(みずはのめ)神が天水を田畑にそそぎ、農作の豊饒を祈念される舞。

   
3,禊(みそぎ)の舞 4名

禊(みそぎ)の舞清流に身を清め、塩湯で体の汚れ祓う神代の遺風を伝える舞。



4,巫女の舞 2名(4名)

巫女の舞千早(ちはや)、緋袴の巫女の優美な舞。
戸隠神社では小学生1年から6年までの児童が奉仕しています。

   
5,御返幣(おへんぺい)の舞

御返幣(おへんぺい)の舞矛(ほこ)と真剣により四方を祓い、邪悪な悪魔を調伏する勇壮な武神の舞。

   
6,吉備楽(きびがく)の舞 2名(4名)

吉備楽(きびがく)の舞狩衣(かりぎぬ)緋袴の巫女の舞。歌は「位の山」。 位の山の高きより 吉野の奥こそゆかしけれ、 花咲き匂う春ことに くも居ぞおのが住みかなる。

   
7,三剣(さんけん)の舞 3名

初め帯刀の3人にて登壇。後1人となって真剣を左右に持ち、天地四方の悪鬼を薙ぎ払う、豪壮な舞。

   
8,弓矢の舞 2名

弓矢の舞王朝武臣の装束。弓矢で悪鬼を調伏する格調の高い、軽快な舞。

   
9,岩戸開きの舞

岩戸開きの舞宇受女命(うずめのみこと)と天手力男命(あめのたちからおのみこと)による、古事記岩戸段の再現。 岩戸を隠された戸隠の古名とともに当神社に最もみゆかりの深い舞であります。 天の岩戸を閉めてしまわれた、岩窟の中の天照大神(あまてらすおほみかみ)さまは、外の神様たちがさぞかし困っていることと予想されておいででしたが、案に相違して神様方は「天宇受女、その胸乳を露(あらは)にかきいでて、裳帯(もひも)を臍(へそ)の下に抑(おした)れて、咲(あざ)わらいて向き立つ—」という、体をやや斜めに開き眼光鋭く、上目遣いに観客を見据えるという美しくも妖しげな凄さのある独特の舞に、すっかり圧倒されてしまいました。 この天宇受女命につきましては、天孫降臨段(てんそんこうりんのだん)で邇邇芸命(ににぎのみこと)を護りながら、五伴諸(いつとものを)の神様方と降臨されていく途中、天のやちまたで、八方に怪光を放つ恐ろしげな猿田毘古神と出会ったとき、全軍の先頭に立って猿田毘古神を詰問されている様子を読みますと、ありきたりの巫女ではないことが窺がえます。 こうして、神様がたの笑い声で、高天原はひっくり返るような騒ぎになってしまいました。 天照大神は不思議に思われて天石屋戸を細めに開けると、近くにいた天宇受女命に「私がいなくなって世の中が暗くなり、皆が困っている筈なのに、どうしてお前はそのような姿で舞を舞い、ほかの神たちは笑って騒いでいるのか」と申されました。そこで天宇受女命は「あなたよりも、もっと尊い神がおいでになったので、皆喜んで騒いでいるのです」と申し上げ、天児屋命と布刀玉命のお二人の神様が八尺鏡(やたのかがみ)を岩戸の前に差し出された。 そこには天照大神ご自身の御姿が映っておりましたが、岩戸の隙間が狭いのでどうもよく見えません。そこで、もっとよく見ようと天照大神が岩戸の隙間を広くされた処、岩戸の横に待ち構えておりました。 天手力男命が、天照大神の御手をかき抱きながら、大力にまかせて岩戸を引き開け、天照大神を岩窟の中から外へお連れ出されてしまいました。 古事記の記述はここで終わりますが、天岩屋戸をそのままにしておけば、またいつか中にお入りになるのではないかと、ご心配になったことは容易に想像されます。
そこで天手力男命は岩戸をかついでひた走り、そして下界へと放り投げてしまいました。この落ちた岩戸がたくさんある岩に隠れて、見えなくなってしまったのでこの山を戸隠山(とがくしやま)と呼ぶようになった、と伝えられております。

   
10,直会(なおらい)の舞

直会の舞天照大神がまた高天原に戻られましたので、再び明るいもとの世界へ戻ったことへの歓喜の舞が最後の直会の舞(なおらいのまい)であります。

   
御神楽の献奏時間

舞の座敷により、大神楽・中神楽・小神楽の三階に分類し、修祓・告文・祝詞奏上などの御神事を含めて大神楽は約90分、小神楽は約60分となります。

   
戸隠神社 太々神楽
戸隠神社 太々神楽
戸隠神社 太々神楽
戸隠神社 太々神楽
戸隠神社 太々神楽
戸隠神社 太々神楽

ページ上部へ

知る
遊ぶ
食す
祀る
大好評!別館(拝殿棟)特別宿泊プラン
築山館オリジナルそば 大好評販売中!
ジビエ(エゾ鹿肉)プラン はじめました!
そば処・ラウンジ無線LAN配備!
戸隠トレッキングマップ
築山館 アクセスマップ
宿泊ご予約のご案内
築山館オリジナル戸隠そば

戸隠のイベント

  • 戸隠神社月並祭
    戸隠神社太々御神楽」の奉納が執り行われます。
    [定例日]
    4月28日、5月3日、5月5日、5月12日、5月16日、5月20日、6月15日、7月15日、8月16日、9月15日、10月15日
    (いずれも朝6:30から執行となります。)
築山館へお問合せ0120-054-393(7:00〜21:00)
築山館 パンフレットダウンロード
Yahoo!ブログ 信州戸隠宿坊だより
戸隠神社オフィシャルウェブサイト
ページトップへ
 

〒381-4101 長野県長野市戸隠2348番地
電話:026-254-2545  FAX:026-254-2546
Copyright © Corporate TOGAKUSHI SHUKUBOU SOBA-DOKORO TSUKIYAMA-KAN. All Rights Reserved.