戸隠神社宿坊 いろりのそば処 築山館 VISA、MASTER などカードが使えます。

祀る

「祀る」カテゴリー

◆ 「祀る」カテゴリー トップ  お祀りの作法

神棚

三社宮 神棚は、できるだけ明るく清浄な場所の最上階(または上に上階の床のない箇所)の天井近くに南向きまたは東向きに設置します。

 最上階への設置が困難な場合があるため「雲板」や「雲文字」が用いられこともあります。「雲板」は神棚を設置する神棚板の上部に取り付けられている雲形に彫刻されている部材のことです。

 設置場所がなくやむを得ずタンスの上にまつる場合は白い布か白い紙を敷いて神札を置くのが望ましいですが、トイレと背中合わせになる場所や、人の出入りが激しい扉の上などはお避け下さい。

 また、同じ部屋で神棚と仏壇の向かい合わせの設置もお避け下さい。

 初めて神棚をまつる場合は、氏神さまの神社に依頼して神棚のお清めと今後の末永いご加護を祈願するために、神棚祓をしていただくと良いです。



お札の納め方

三社宮  三社宮は中心の扉の内に神宮大麻(じんぐうたいま)、向かって右に氏神の神札、左に祟敬神社の神札をお祀りします。

一社宮  一社宮を用いる場合は、手前から神宮大麻、氏神、祟敬神社という順番に重ねてお祀りします。

  
神饌(お供え)の配置

神具神饌(お供え)としては、洗米(またはご飯)、塩、水、酒が基本であるがそのほか、青果物、生魚、干物、菓子類などが供えられます。
米、塩、水は毎朝、酒及び榊は月に2度(通常は1日と15日、ほかに祀っている神札の祭神にゆかりの日)新しいものと取り換えるのがよいとされています。

  

配置 神饌の置き方は、米・塩・水の場合、向かって左から水・米・塩、向かって左から水・塩、2列目に米とします。

米・塩・水・酒の場合、向かって左から水・酒・米・塩、もしくは向かって左から水・塩、2列目に酒・米、向かって左から水・塩、2列目に酒・酒、3列目に米とします。


神へ供えた食べ物は後で「お下がり」としていただくようにします。

   

ページ上部へ

知る
遊ぶ
食す
祀る
大好評!別館(拝殿棟)特別宿泊プラン
築山館オリジナルそば 大好評販売中!
ジビエ(エゾ鹿肉)プラン はじめました!
そば処・ラウンジ無線LAN配備!
戸隠トレッキングマップ
築山館 アクセスマップ
宿泊ご予約のご案内
築山館オリジナル戸隠そば

戸隠のイベント

  • 戸隠神社月並祭
    戸隠神社太々御神楽」の奉納が執り行われます。
    [定例日]
    4月28日、5月3日、5月5日、5月12日、5月16日、5月20日、6月15日、7月15日、8月16日、9月15日、10月15日
    (いずれも朝6:30から執行となります。)
築山館へお問合せ0120-054-393(7:00〜21:00)
築山館 パンフレットダウンロード
Yahoo!ブログ 信州戸隠宿坊だより
戸隠神社オフィシャルウェブサイト
ページトップへ
 

〒381-4101 長野県長野市戸隠2348番地
電話:026-254-2545  FAX:026-254-2546
Copyright © Corporate TOGAKUSHI SHUKUBOU SOBA-DOKORO TSUKIYAMA-KAN. All Rights Reserved.